療法士年間2万人輩出時代?

「療法士.com」のブログテーマに参加してみました。
早速ですが、療法士が年間2万人輩出だそうで。
まぁ、それだけ沢山の人が出てくるのであれば、気合が入ろうというものです。
先に歩いている僕たちは後から続いてくる人たちに対して、常に追いかけられる存在でありたいと思いますね。
とは言え、沢山の学生さんを実習で見てきている身としては、若干の不安があります。
この話題ではよく出てくることで、『質が落ちる』とかいうアレです。
確かにね、フィードバックをしていて思うことがありますよ。
だって、専門用語以前に日本語が通じないんですもん。
まぁ、先週のメルマガでも少し触れましたけどね。
まさか、『たつ鳥あとを濁さず』って諺を知らないとか言われた日には、どうフィードバックすればいいのでしょうねぇ。
学校が増えて、門戸が広がったのはいいですが、記念資格の方や、若干適性に疑問がある方が入学してくるようになった事実がありますからね。
実習で辛いからといって数日無断欠席してみたり、聞いた話では実習が不可になって実習地で暴れた学生がいるとか……。
まぁ、極端な話を出しましてけど、学校の先生から、『こんな学生がいましたので、気をつけて……』とか言われましてね。
何をどう気をつければいいのやら。
受け身なだけで、自分から学ぶ姿勢のない学生さんが可愛く見えてきますね、ホンとに。
あららぁ――
結局、ネガティブトークになってますね。
困ったもんだ。
Powerd by 療法士.com

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。