あけまして目標設定(5)

先日の詰めの前に、所属企業視点、所属部署視点、社員個別視点、自己達成視点、自己成長視点それぞれを整理しなおしてみよう。
所属企業視点、所属部署視点、社員個別視点のこの三つはリンクしていないと非常にストレスになるものですよね。
会社の目指すところを実現する機関である部署。そしてそこに所属する、実行部隊である個人。
会社の示した目的地はどこかを理解し、部署長は部門の方向性、達成目標を示す。
その達成目標に対して成果を出すために実行、実践していくのが現場の個人。
企業体の中で目標を設定する時にはその辺を理解しなければならない。
また、注意しなければならないのは、自己実現目標と企業視点の目標は異なるということ。
そこをすり合わせていかなければ、先にいったストレスが過大なものとなるだろう。
なので、自己達成視点、自己成長視点は仕事とプライベートを分けて考えるか、同じ方向を向くよう意識的に変えていくかのどちらかだろうなぁ~と。
つづく

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。