ハッピーが死んだ

何のことやらと云う方もいらっしゃる事だろう。
ハッピーとは、職場で飼っていたウサギの名である。
実は、このところ調子が非常に悪く、二週間ほど通院治療を受けているさなかであった。
朝、職場である病院、その敷地内にあるショートケア棟の室内に僕は足を踏み入れる。
男子更衣室もそこにあるため、毎日の事だ。そしてここ最近の日課になっていたハッピーの生存確認。
管理職なんだからゆっくり行けば良いのかもしれないが、ほぼ毎日一番に入るのは僕になっていた。まぁ、やや席朝族なものだから仕方ないが。
と、そんな理由もありつつ、彼女のケイジを覗き込むと、いつものガサゴソ音がしない。
目を開けたまま、手足はピンと伸ばして、硬くなっていたのだ。
ああ、とうとう逝ってしまったんだね。
不思議と悲しさはなかった。
突然の事ではあったが、予期してはいた。
斜視に左半身の麻痺? 餌を見つけられない。見つけても首が動かせないため、餌を口にする事ができないのだ。
食事介助をしてどうにか食べる始末。しかも全盛期の半分量以下だ。
時間の問題だった。
思えば、彼女を捕まえたのは僕だった。
あの時も年末だった。
2005年の12月。クリスマス会が終わった頃だろうか。園芸倉庫の床下にいたのを投網で捕まえたのは。
正月休みに入るから家に連れ帰って、猫が飼いたいと言って聞かなかった当時の彼女(誤解の無いように云うが今の妻だ)に世話をさせて、テストしたり。
そして、新年会で患者さんに、ハッピーニューイヤーと幸せを運んでおくれ、でハッピーと命名されたっけ。
そう、患者さんに慕われ愛されていたんだね。
新棟にリハ室が移ったことでショートケア棟になったもとリハ室の主になっても患者さんからよく「どうしてる?」「また抱かせて」とよく言われるのだから。
そう、愛されていたのはショートケアの利用者さん達からもだ。
これから柿の木の下に埋葬すると話したら、総出で集まってくれたのだ。
入院中の患者さんも噂を聞きつけ、何時の間にやら結構な人数に。
凄い事だと思った。
みんなに、本当に愛されていたんだね。
そして、君の生きた証は病院の柿の木。それ姿を変えて、来年の秋には実をつけて、僕らの血肉に帰ってくるのだろうね。
また、会う日まで、今はしばしの別れ。
ありがとう、ハッピー。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。