あけまして、目標設定!(1)

 皆様、あけましておめでとうございます。

 昨年は大変お世話になりました。
 今年もよろしくお願いいたします。

さて、一年の計は元旦にあり、といいます。

療法士.comさんのお題「療法士として、先人に言われ、後続に伝えたいことは?」を含めつつ、考えていきたいと思います。

そもそも、このお題を振ったのは僕なのです。実のところ、このお題そのものが先人から受け継いだことともいえます。  療法士――実は伝えることが下手だということを自覚しなければならないそうです。

僕がよく話題に出す『専門職の悪いところ』でもあります。

気付いている方は違うのでしょうが、専門職、専門家と言われる人達は物事を難しく伝えてしまう嫌いがあります。

相手に合わせて、伝わる言葉で伝える。

これを僕らは患者さんには使っているのですが、実は同僚であったり他部門の人に十分できているのかと言うと疑問です。

どうしてもそこに変なプライドや感情が入り込んでしまうものです。

でも、本当に大切な事はいったい何なのでしょう?

それを考えることが重要なのではないでしょうか?

まぁ、考えるまでもなく、患者さんを中心におく、患者さんの身になって考える、ということでしょう。

その為に必要な事を、相手にあわせて、伝わるように伝えること。

そして、理念、思想、技術を惜しみなく伝えることでしょう。

技術に長けているから専門職、専門家ではなく、技術を必要な人に使えるように伝えることができるから専門職、専門家なんだということが、今まで僕が先人より伝えられてきて、後続に伝えたいこととですね。

つづく。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。