あけまして、目標設定(3)

さて、そろそろ今年の目標設定を明確にしていかなければ、ですねぇ。
考えるにあたっては、ポイントになる部分がありますね。
所属企業視点、所属部署視点、社員個別視点、自己達成視点、自己成長視点……と言ったところかな?
さて、僕の場合、所属企業が大きく三つ。
① メインの現職場。
②動作介助研究会。
③作業療法塾。
うん、それぞれで目標設定が必要だね。
あとは自己達成、自己成長。
似てるようで、少し違う。
生きている中で、自分自身がどうありたいか、という問いから始まるもの。
企業視点で、と云っても行動するのは個人。
その行動の動機になる部分とも言えることです。
しなければならない事の陰に隠れたやりたい事とも言えますね。
それが自己達成視点。
じゃあ、自己成長は何か?
新年最初のメルマガで云ったことと置き換えてもいいのですが、ある何かを達成するために自分が気づき変わらなければならない、または満たさなければならない条件です。
ちなみに、僕の場合の自己達成目標は、作家で飯が食えること。
おや? 作業療法士としての何かを期待しました?
甘いです!
つづく

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。