灼熱道中記:第五夜「さらば天狗舞う地、鶴岡」

朝、「なんぜんじ」なるものを食べました。
鶴岡名物の豆腐なんですねぇ~
丸いお豆腐で、「南禅寺」と書いて、京都から伝わったものだそうです。
鶴岡や酒田って、京都から移住してきた人達の町だから、なんとなく京っぽいものを感じさせます。
昼には、奥様の親族が集まり、一堂に会しての食事会。
僕はお初でしたので、ゆっくりじっくりご馳走を食べていました。
奥様は、早々に食べる事を切り上げ、従姉さんとお義兄さんとでなにやら喋ってたけどね。
img610.jpg
んで昼、念願の天狗舞を見ました。
一言で言うなら、「踊ってみたい」です。
でも、一子相伝(嘘)なので、無理ですね。
画像を撮ってきたから、後でじっくり見てみよ~う。
この天狗舞、豊作を祈願する踊りだそうですね。
んで、伝説のハジマリは、「昔、山に住んでいた天狗が村にやってきて病気の人を治してくれた」ことからだそうです。(奥様談)
豊作と病気を治すこと、舞の内容…
色々関係があるのかなぁ~
あぁ~失敗したなぁ~
神社の中にあった古い絵とかも写真に撮ってこればよかった。
それに、神社の人にもっと話を聞いておけば良かった~!
まぁ、僕が聞いた話からすると、なにやらこの神社、結構ご縁があるのかも…
祀っている御神体は、「龍神の王様」だそうで。
何かと、蛇とか龍とかとご縁が深い事に気付かされます。
なにより、本家の御嬢様(?)が奥様ですからね。
これからゆっくり聞けるやね。
とまぁ、こんな感じで、この日の夜、鶴岡を出発する事になりました。
天狗の実家に次に来れるのは正月かなぁ…

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

2 件のコメント

  • 福島から宮城県入りした、プリちゃんです♪
    今は山形ですかぁ?
    先は福島ですか?
    「南禅寺豆腐」食べたいです。
    「天狗舞」も気になります。
    日本古来の伝統や古人の思想に触れると、感動やら驚嘆やらで、身も心も震えますよね!
    旅は続くのですか?お気をつけて~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    主宰 齋藤信

    作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。