同僚に感謝した日

 

FROM どM貴公子サイトー

実は先日、業務上非常にモチベーションが下がることがありました。

まぁ、それはね、具体的には言わない事にしておきます。

一言で言ってしまうなら、『ウチの部署ってイイな!』です。

僕自身、このブログの場で部署の話をすることは非常に少ないのですが、今回だけは書きたくなっちゃいました。

今年から、若手新人が二名が入ってきてくれたのですが、
その二人と、業務時間が終わってから壱時間半も

『ウチの作業療法をどう変えるか?』え゛!
『他の部署含め、退院に向けての意識改革をどうするか』むっ
『もっと作業療法を機能させたい』かお

などなど、実習最終日の学生そっちのけで語り合ってしまいました。

やりたい
こうしたい

新人さんがそう思ってくれている、熱が冷めないうちに、それらが実現出来るよう、やっちゃいましょう!

何よりも『実行』することが大切ですものね。

責任者は責任取る為にいるわけだから、僕の名前を使って、僕の所為にしちゃって構わないんで、やれるだけやっちゃってもらうことにしました。

先日は、本当にありがとう。

よき仲間に巡り会えたことに感謝!
『初めの3年間が勝負!職場でダントツトップになれた仕事術 in 大阪』
■日時:2012年8月26日(日)9:30-16:30
■参加費:9,000円(事前振込み)
■定員:40名
■場所:ドーンセンター 4F  大会議室3
■講師:JIR協会マネジメント講師 齋藤マコト
 
 
『精神科作業療法士が身体領域で確実に結果を出せる治療アプローチ』
■日時:2012年9月2日(日)10:00-16:00
■参加費:12,800円(事前振込み)
■定員:40名 (精神科作業療法士のみ)
■場所:東京 八王子
■講師:JIR協会認定インストラクター 齋藤マコト
 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。