体調が悪いと身体が丸くなる

 

FROM:どM貴公子サイトー
 
ご無沙汰しております。
 
先日、突然の発熱で一日ダウンしていました。
 
むむむ……
 
久しぶりにガツンと体調が崩れましたよ、えぇ。
 
熱帯夜にも関わらず、歯がカチカチ云うほどの全身の震え。
 
ちょっとしたら、大量の発汗と胃部不快。
 
スポーツドリンクを夜中に買って来てもらい、それを啜りつつ朝を迎えるも、腰の痛みに唸る数時間。
 
お仕事を休んで一日寝てましたよ、えぇ。
 
まだ倦怠感が残るものの、今日は出勤した次第です。
 
さて、そんな体調が悪い時に思ったのが、
 
辛い時ほど身体が丸くなっているということ。
 
お腹や脚を抱えて、背中を丸くする。
 
まるで猫の寝姿。
 
立っていても、腰から上……上半身がかなり前重心になり、軸が立ちませんでした。
 
 
内臓に触れると硬さがあったり、嗅覚が敏感になり不快なモノを避けたりと、
 
様々な反応が出てましたね。
 
 
調子が少しずつ戻ってきたので、自己調整してみますわ。
 
 
今週末も精神科作業療法士向けセミナーin東京ですからね。
 
 
 
バッチリ調子を戻しておきますね!
 
 
『精神科作業療法士が身体領域で確実に結果を出せる治療アプローチ』
■日時:2012年9月2日(日)10:00-16:00
■参加費:12,800円(事前振込み)
■定員:40名 (精神科作業療法士のみ)
■場所:東京 八王子
■講師:JIR協会認定インストラクター 齋藤マコト

■詳細はコチラ  http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11290184400.html 

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。