若者は出世したくないのか?

 

FROM:どM貴公子サイトー

先日、R25のニュースで面白い記事を見つけました。

就労後3年目の男女700のうち、37.4%の人が『昇進したくない』と言っているそうです。

その理由までは詳しく書かれていなかったので、若干消化不良なところがあります。

そして、他の数字をよくよく見てみれば……

管理職(部長・課長など)まで昇進したい……25.4%
監督職(係長・リーダーなど)まで昇進したい……22.3%
経営陣(社長・理事)まで昇進したい……12.7%

その他?……2.1%

うん、数字のマジックですね。

逆を言えば、60.4%の人は出世したいと思っていると云う事ですよね。

スタッフ2:7:1の法則って知ってます?

どんな職場にも、

2割のクリエイター(仕事を作り出す人)
7割のパッシブワーカー(言われた仕事をする人)
1割のトラブルメーカー(早々に退職願いたい人)

が居ると云うものです。

この数字で若者を見てみれば、日本の就労後3年目の若い男女のうち

6割はクリエイターになる希望を持っている

ってことです。

まだまだ捨てたものじゃないです。

日本の若者!

そういった希望に満ちている若者をどう牽引していくかが、

僕ら先を歩いているオトナの役目なのかもしれませんね。

PS#1:今回の記事で数字を鵜呑みにしないという教訓が得られました。皆さんも数字を気にしてみる事をオススメします。

PS#2:今、自己管理力をテーマにしたマネジメントセミナーの募集をしております。
    出世したい新人療法士は是非参加してください。
    http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11360172198.html

PS#3:下からの突き上げに困っているリーダーや管理職の皆さんは、この事を新人さんにちゃんと教えてあげてくださいね(笑)

PS#4:毎度長々と読んでいただき、ありがとうございます!

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。