孔雀時って知ってる?

いえね、今日の昼休み中の事です。
催眠療法系の話になっていた時に、どんな流れか知りませんが「孔雀時って知ってる?」って話になりました。
催眠療法の話は、学生さんの評価を書いていたのでよくよく聞いていなかったのですが、何故か「孔雀時」については耳に入ってきました。
まぁ、結論から言えば、「発情期」の事を指すらしいんですが、僕、全く知らなかったんですよ。
それもそのはず、どうやら「のだめ」関連の言葉らしいですね。
漫画「のだめカンタービレ Lesson82」の最後に出てくる言葉で、しかもストーリーの流れからいっての「発情期」という意味らしいというものです。
「孔雀時」でググッてみたら、のだめの感想を書いたブログが出てきまして…
そこの方の文を引用させていただきますと、
孔雀なんとかという植物やら団体の紹介HPが出てきます。
さるまめの持ってる電子辞書にも、Webの三省堂にも載ってないです。
ある人のブログには発情期の孔雀の雄はその派手な羽を一生懸命広げるという
ところから派生した言葉じゃないかと書いてました。
ん…漫画なんだからニュアンスが判れば良いのでしょうけど、
(この漫画には「のだめ語」というニュアンス全開な言葉もある)
気になるなぁ。
って事らしいです。
へぇ~
確かに、あの華やかな羽を伸ばした姿は求愛行動と知っていたけど…
それにまつわる言葉になってるとは思いませんでした。
ホント、へぇ~です。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。