相手から効果的に情報を引き出す質問のコツ

「相手から効果的に情報を引き出す質問のコツ」について書かれた記事を見つけました。
1. 最初に「なぜあなたにこの質問をするのか」を伝える
2. 相手にとって“気付き”のある仮説を立て、それを検証する質問をする
3. 言葉や見た目の裏側にある、クライアントの“本当のニーズ”を想像する
4. そのニーズを解決するための質問をして、クライアントと長期的な関係を築く
あぁ、なるほど、と思えるものばかりで納得でした!
面白いこと書いてるサイトだな~、と……


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。