我が座右の銘は……

な、なんだろう……。
え? メルマガで書いてるだろう?
そ、そうでした。

「苦手な事にこそ活路が隠れている!」
「出過ぎた杭は打たれない!」


この二つ、確かにそう思っています。
忘れていません、ってば。

「苦手な事にこそ活路が隠れている!」
これは、苦手だと自分自身で思っているという事は、実はまだ伸び代が残っているところではないかな、ということだと思っているからです。
実際、目を向けがちなのは、実は自分の得意なところ。
で、それで頑張っていったけど、行き詰まり、足踏みを始めてしまうことがありますよね。
ある意味、ピンチ!
そんなときにこそ、今まで蓋をしていたことに目を向けてみたら、意外と活路が見出せてしまったり……ということです。
ま、ピンチのときにもよりけりですが。

「出過ぎた杭は打たれない!」
うん、これはね、表現は悪いですが、色々叩かれてきましたからね。
でも、継続してやり続けて、新しいことをどんどん行って、自分自身を再構築し続ける。
めげずに、先に進み続ける。
目指したい背中を仲間や後輩に見せ続けられる人でいたい。
そんな想いから、やりきり、突き抜けてやるぞ~とか考えての言葉です。
ま、月並みですが。

作業療法塾のテキストが完成しました!
感想も届いております!

【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】

Powerd by 療法士.com

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。