106号裏話

【裏】勉強するということ

今回、キーワードになっているのが、【消費型学び】と【投資型学び】です。
【消費型学び】
勉強自体は楽しいが、賃金アップなどのリターンを将来回収することが期待できない趣味的な学び。
【投資型学び】
将来、リターンを回収できる学び。
とあります。
なかなか面白い考え方だな~と思います。
しかも、投資効率のよいもの=かけた時間やお金のわりにリターンが大きいものだったら、なお良いですよね。
まぁ、医療系の資格は業務独占型資格が多いので、資格取得は消費型になりづらいですけどね。
あぁ、でも、ものの本に書いてあったもので曰く、「それぞれの資格に関連性がないと、ただの趣味としか評価されない」んだそうです。
やっぱり、資格は業務を進める中でその必要性を痛感した時に取るのが一番なんでしょうね。
でも、それからでは遅いんですけどね。
あ、ちなみに、アナタは勉強のためにどの位お金をかけていますか?
一般的には収入の2割…だったかな?…とか言われています。
多分。
僕はそこまでかけられていません。
でも、とりあえず勉強の為の貯金はしてます。
たまったら、勉強をするためです。
でも、前回のケアマネは微妙だったな~
他力本願になるためにお金を使ってしまった気がします。
次回は、日本科学技術連盟お客様へのサービス向上基礎講座
を受講する予定です。
明日、FAXします。
楽しみですねぇ~
来月後半か、来年のメルマガはそっち系の話を中心にやっていこうかな~
他の作業療法士の諸先輩方とは違った話をできればと思っております。
(。-_-。 )ノ

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。