122号裏話

【裏】聞けば教えてくれるとでも思ってるの?
困りました。
ハッキリ言って…
だって、言葉をいくら伝えても、通じなかったんですから。
いえ、全く変化がないわけではないんですよ。
ですが、分かったつもりになってしまっているんだな~というのが感想です。
しかも、【型にはめられる事を嫌うマニュアル人間】と評した様に、
型にはまる事を嫌いつつも、型どおりにしかできていないという現実です。
・マニュアルに書いてあるにもかかわらず、マニュアルを見ない。
・自ら確認してから質問するように、と話してもそれができていない。
・自ら確認し、考えてから質問をすることができたとしても、それが般化されていない。
・専門用語?にすぐ逃げる。
・情報収集では学校等で指示された内容のみしか聞けない。
・フィードバックで質問はありますか?と聞いても質問が無い。
・であるにも関わらず、フィードバックの時間が短いと言う。
本当に意味の無い事ばかりですよね。
何が原因でそういう現状につながるのでしょうね。
全て説明した事です。
という事は、説明した内容が伝わっていなかったという事ですよね。
今、どうしたらもっと考えてもらえるかを考えています。
次は、今の評価実習に来ていた学生さん達が臨床実習にきますからね。
どうにかしなきゃ…
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。