123号裏話

【裏】実習前の課題です!
まぁ、今回も学生さんに辛い内容?ですかね。
でも、これをやっておけば、アナタ自身が何の為に実習へ行くのかを考えることができます。
そして、レポートをあらかじめ書いてみることで、アナタ自身がどの部分で躓くのかがわかります。
主観と客観を分けて書けずにいたり、情報を整理しきれずにいたりと、結構色々気付けます。
なにより、レポートに慣れるというのは良いことです。
なんといっても、バイザーが国語の指導をしなくて済む!
…はい。
なんでしょうか?
バイザーの都合?
そうですけど何か?
…まぁ、アレです。
症例報告や評価計画ってぇのは、実習前にできることがかなり多くあります。
実習中の睡眠時間を確保し、かついつも以上に勉強する時間を作れれば良いですね♪
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。