124号裏話

【裏】日記を書いてみましょうか!
今回のこの話し。
確かに、自分自身を知ることにも使えますが、レポートを書くにあたっての基本的な約束が含まれていた事にお気付きですか?
え?
気づいて無い?
……困ったな~
では、簡単に説明しましょう。

一行目:事実:その日に印象に残った出来事を書く。
        客観的事実のみを書く。
二行目:発見:事実から気付いた事を書く。
三行目:教訓:発見から学んだ事を一般化して書く。
        ことわざや四字熟語などを使うとよい。
四行目:宣言:発見・教訓を踏まえ、自分の理想の姿を書く。
        否定語を使わない。
        カタカナは使わず、漢字で書く。

この部分です。
この部分をそのまま、デイリーやレポートを書くときに使うだけです。
相手に伝えるこという事を考えながら書けばいいって事に気付ければなおおっけぇです。
とまぁ、レポート話はそのくらいにしまして、四行日記の正しい書き方を紹介しておきます。

一行目:事実:15時間寝た。
二行目:発見:時間は止まらない。
三行目:教訓:時は金なり。
四行目:宣言:私は、時間を有効活用している人間です。

6Σですねぇ~
数字は万国共通語の客観的事実です。
そして、肯定的発言から将来ありたい自分の姿をつかみたいものですね♪
参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。