135号裏話

【裏】何故、今、標準化するのか?

何故、標準化をしなければならないのかは、ある程度メルマガでわかったかと思います。
さて、でもまだ50%。
残りの半分は、医療業界のなかでは、標準化が遅れている分野が多くあるという事です。
ここからは文献の抜粋です。

標準化が遅れているのは、治療方法である。
専門性の高さ、高度な技術、患者の状態変化に適応しなければならないことによる類型化の困難性、診療科あるいは病棟によって標準が異なり、あるいは標準が遵守されない傾向があることが原因である。
 また、診療に関連する多くのプロセスにかかわる作業、仕組みに関しても標準化されていないことによる問題が多く発生している。
例えば、処方箋の書き方や指示方法は、病院が変われば異なる、あるいはひどい場合には病院内でも異なることがある。
チーム医療を実施するにあたっては、指示や情報を確実に伝えることが必須であり、これらの標準化が必要である。
その他の作業手順に関しても、病棟ごとあるいは従事者ごとに異なる場合が少なくない。
標準化されていないと、遵守違反に気付くことによるミスの防止ができない。
他科とのやりとりで齟齬が生じる。
改善が進まないなどの問題が生じる。

まぁ、よくある話しですね。
でも、最後の部分が全ての真理を突いていると思います。
医療事故や安全をどの様に防ぎ、守るのか?
正しい状況がわからないと、何が正しくて、何が悪いのか?
何処からがミスなのかがわからないではナンセンスですからね。
困ったもんだ。
いえね、本気で、ね。


参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。