146号裏話

【裏】 Let’s ナレッジマネジメント

まぁ、今回は医療における質について考える機会になればな~という感じです。

医療業界には、いまだに経験度胸が蔓延してます。

古い病院ならなおさらです。

先日、看護師さんとお話をしたことがあります。かなり面白いことをいってました。

「今、一番頭がいい(最新技術を知っている)のは新卒の若い連中。
知識だけなら、彼らにかないやしないよ。
現場でそういう知識や技術が、旧い看護師のせいで潰されてる。
昭和の看護師は黙ってればいいの。」

いや~、前後にもっと言いたい愚痴が隠れているんだろうな~と、聞きながらしみじみ思いました。

旧い人って、どうしても、今現在のやり方を安定的にやりたがりますよね。
そりゃぁ、慣れたやり方の方が楽ですからね。

でも、だからこそ、新しい知識を得に研修会や学会に参加するんですよね。

特に精神科は時代に取り残されがちです。
時代遅れの旧い人では、十分なサービスの提供が難しくなってしまいますね。

僕もまた研修会に参加させてもらいますか。

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。