152号裏話

【裏】レクリエーションを組み立てよう5

えぇ、少し口走ってしまいましたが、学生さん、大丈夫かな?
なんていうか、自分の友人間の空気を読むことばかりに躍起になっていて、フォロアーとしての空気が全く読めないんですよね。

なんで?
って、自分で言ってたね。
友達関係を続けたいが為に、言わなければならないことも言えない?
なんて事があるんだろうね。
一つ聞きたいのですが、学生さんのいう友達って、どういう存在?

んで、友人とアドバイスをくれる人の違いってわかります?

アドバイスをすると友達じゃなくなるからしない?
うん、じゃぁ、するべきじゃないし、してもらってもあまり意味が無いかもね。
自分にとって都合の良い事しか話してくれないのは、本当の友達ではないし、アドバイザーですらないですよね。

アドバイザーは、真に必要と思えることを忌憚無く話せるようじゃなきゃ駄目ですよね。
また、聞き手もそれを真摯に受け止められなければ駄目です。

『あいつ、いつも偉そうに……』

とかすぐ思ってしまうなら、リーダーとかフォロアー以前に、セラピストとしてどうかと思いますよ。

まぁ、人ですから、感情的になってもいいんですけど、セラピストの生き方を選ぶなら、自分をコントロールすることは必要でしょうね。

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。