153号裏話

【裏】レクリエーションを組み立てよう6

今回も、若干違ったお話を……

実は、18日に『ふまねっと運動』という、北澤一利氏の開発した、歩行改善プログラムの体験講習を受けてきました。

内容は、非常に面白い、というか、色々な可能性を感じるプログラムでした。
今までの歩行訓練等の発想とは違い、筋力をアップさせたりという、運動機能にアプローチするのではなく、認知機能にアプローチする事に重点を置いている点です。

以前、僕が身障系のOTさんに言われた事があります。
『筋力は必ず落ちる。だから、それ以外のアプローチをする事で、長く自立した生活を営む方法を伝えるべきだ!』
僕もそれを言われてから、単に筋力をどうにかすることだけではなく、正しい姿勢や動作、より筋力を必要としないやり方を学んでいたつもりでしたが、ホント、つもりでしたね。

この認知機能にどう働きかけるプログラムなのか?
気になる方は、是非、ふまねっとプロジェクトを運営する、『NPO法人ワンツースリー』さんのホームページをご覧くださいね♪

職場で導入してみたいと思っています。

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。