173号裏話

裏話
【裏】レポートの組み立て方11

はい。
だらだらしてます。
ウチの娘達(猫)の御飯要求が始まり、それと格闘しながら無理矢理記事を書いてます。
コラ!
尻尾が邪魔!
あと45分我慢しなさい!

ふ~どうにか窓から見える電信柱のカラスに興味が移った様子。
いいね~
猫さんは三歳児程度の脳ミソなので、一つに集中すると言う事が苦手。
なので、すぐに興味が逸れてしまう……

でも、根源的な欲求……食欲は忘れませんね。
困ったもんだ。
満腹中枢が壊れてるよ、君。
いや、そもそも猫に満腹中枢はあるのか?

狩猟本能が残ってるって事は、食べられる時に食べるという生きる為の仕組みがプログラムされてるって事ですもんね。

って、かなり関係の無い猫話をしてしまいましたね。
ま、たまにはいいでしょ♪

もっと、本編に沿った話をしろ?
はい。努力します。

齋藤信 作業療法塾 筆頭塾長
作業療法塾 主宰 筆頭塾長

臨床共育メンター(R)齋藤 信

【塾生登録はこちら】

作業療法塾に入塾することで、
様々な動画コンテンツが視聴できます。
入塾はこちら https://otjyuku.com/

【メルマガ登録はこちら】

365日毎日臨床共育のネタを公開中!

 

【医療業界の教育をCHANGEする】

患者も、療法士も、医療に関わる全ての人が
自分の医療を選択できる世の中にする。

医療は誰かに与えてもらうものではない。

医療に関わる一人一人が最適な医療を選ぶことができる
世界をともにつくろう。

今。私たちは大きな過渡期を迎えている。

分岐点とも言えるこの時、私が提案する道は、
医療人の心の共育。

共に人としての心を育める学びが医療にはある。

一緒の道を歩みたい方、これからもよろしくお願いいたします。

作業療法塾 主宰 齋藤 信


* イメージトレーニングの効用を見直し、作業療法の効果を底上げしたい方向け *

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。