181号裏話

【裏】ご利用は計画的に

まぁ、愚痴っぽくなった今回でしたが、折角なので会議のルールをちょっとだけ説明します。

まず、メンバーですよね。
・ファシリテーター(議長、司会、推進者)
・書記
・タイムキーパー
・一般参加者
・最終意思決定者

ポイントは、最後の最終意志決定者。
物事を決める人がいるかどうかんですよね。
会議に途中で口出しはせず、会議で出てきた方向性を決定事項として決を出せる存在を、あらかじめ誰にしておくかが決まっているかどうかで会議の中身が変わってくるんですよね。

でも、まぁ、専門家集団の会議だとだれも持論を譲らないんで、その会議の場の決定者が決定しても後から反対行動に出る人もいるから残念なんですよねぇ……

ま、それって、はじめの会議のルールが共通認識になっていないってことなんでしょうけどね。
さてさて、この部分をどうしていくものかな~
なんて考えちゃう今日この頃です。

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。