第193回 自己洞察してみる

自己洞察してみる


■今日のフィードバック

前半期の学生さん達のほとんどが実習終了の時期になりました。

この前半期を振り返って思ったことをお話しようかと思います。

いくつかあるのですが、一言でいってしまえば自己洞察が足りないと思いました。

なんというか、技術やテクニック的な部分、ノウハウを安直に求め、またそれに対する偏りが大きく、それを使う自分そのものが置き去りになっている気がしたのです。

確かに、テクニックは習得するべきです。
理論が伴えばなおいいでしょう。

ですが、使うべきアナタ自身の状態はどうですか?

■重要なキーワード

おそらく、実習に来るまでアナタは自分自身を知るために何かをするということはしてきていない事でしょう。

ですが、作業療法士になるなら、いやそれ以前に社会人として生きていこうとするなら、行っておくべきです。

何故って、アナタは今まで自分が好きな相手とだけ過ごしていればいいと思ってきたかもしれませんが、それでは駄目な世界に足を踏み入れたんです。

その覚悟が足りない!

足りないんですよ!

そもそも、アナタは何故作業療法士になろうとしているのですか?

その気持ちは、はじめの頃と変わりはありませんか?

アナタが今できる事とできない事はわかっていますか?

アナタは自分が周囲からどの様に見られているかわかっていますか?

今、アナタが取った行動にどんな意味があるのですか?

色々なことを考えなければなりません。

そして、改めて自分が作業療法士になるという気持ちを、意志をハッキリさせて欲しいのです。

■ノウハウをちょっと

何故そこまでするのか、それすらもアナタは疑問に思っていることでしょう。

ですが、実習だから言われた事はやらなければならない。

それでは、あまりにお粗末ですし、考えがなさすぎます。

これからアナタが生きていこうとしている世界は、アナタが自ら道を切り開いていかなければならないということに気付いてください。

臨床実習は、なにも学校のテストのように解答がハッキリしていることばかりではないのです。そして、そんな問題集では得られない、現場の現状と現実を知り、そのさきでアナタがセラピストとして生きていく為の何かを得るために臨床で実習をするんです。

実習の最終日になって後悔ばかりが頭をよぎる実習よりも、来年の今頃はセラピストになっている姿が見えてくるような実習にしてほしいものです。

色々書きましたが、まずは自分を知ることが大切です。

自分を知ったうえで、相手を評価できる人間になれたらいいですね。

「作業療法塾塾長」齋藤 信

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。