第199回 目配せとサイン

目配せとサイン


■今日のフィードバック

さて、今回のお話。これだけを見てもよく分からないのは毎度のこと。

とはいえ目配せ、サイン。まぁ、言葉そのままの意味なんですけどね。

実習中の学生さんなら気付く機会が多くあるかと思います。

また、すでに臨床に出ているOT諸氏には『あぁアレか』と思う内容かと思います。

さてさて、具体的なお話をしてみます。

バイザーのプログラム中の行動のなかに、ちょっとした仕草や、視線が合う事ってありませんか?

この意味を考えたことはありますか?

バイザーの行動には一つ一つに意味があります。

その視点で、今、振り返ってみてください。

■重要なキーワード

さぁ、どうです?

アナタは意外とバイザーと目が合っていたのではないですか?

で、目が合ったタイミングで何かを促されるようなサインを送られていませんでしたか?

そう、これが目配せとサイン。

現場で行われる事には、全員が同じ情報を得ているという前提で無言の情報発信が行われていたりします。

それは、患者様にそれとわかるようにスタッフへ行動依頼をするのではなく、患者様とは別なところで行われる情報共有、あるいは行動の申し送りだからです。

視線が合えば、自分に何かを伝えたいんだなと思うし、それに身振りが伴えば、その先にある異変への対処を期待されている事に気付けるんですね。

え?

それを学生さんに求めるのは酷ではないか?

たしかにそうですね。今までそういったことをしてこなかった学生さんには辛いことでしょう。

ですが、実際に出来る学生さんも少なからずいるんですよね。

いわゆる、『動ける学生さん』と呼ばれる彼らです。

そういった学生さんは自然とバイザーから声をかけられる回数も多くなります。少しの説明で多くの事を理解し、しかもリアクションがしっかりあるんですから当然ですよね。

様々な仕事も任されるようにもなっていきます。

これは学生に限らず、新人作業療法士にも言えることですね。

■ノウハウをちょっと

何度か話題に出した事がありますが、これが作業療法士が職人たる所以でもあるのかな、と思ってしまう部分です。

この気付きについては、こうやって文章にしてみたところで、正確には伝わらないでしょう。書いていて、僕自身、上手く伝え切れていないのがひしひしと感じられます。

気付き……

そうですね。今回の話題をきっかけに、何かに、新しい自分に気付いてもらえたらと期待します。

「作業療法塾塾長」齋藤 信

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。