第215回 目標を立てよう

目標を立てよう

■今日のフィードバック

目標をアナタは立てていますか?

おぉ! 立てている?

でも、今まではそれが上手く実行できずにいたのではないでしょうか?

何故なら、もろもろの要素が抜けていたからではないでしょうか?

そう、以前にもお話した「型」にあわせて考えていないからではないでしょうか?

また、型だなんて、何でそんなものに……なんて言わないでくださいね。

型はある意味先人の智恵。

それを活用しない手はありませんからね。

■重要なキーワード

今回三度紹介するのは、スマートの原則。

スマート――つまりSMARTです。

Specific (具体的か?)
Measurable(評価可能か?)
Agreed  (同意できているか?)
Realistic (現実的か?)
Timely  (期限設定されているか?)

これは目標を設定するときの大原則といわれている項目でもあります。

今年こそ、この原則をしっかり使ってみては如何でしょう?

■ノウハウをちょっと

さぁ、よく見てください。

・そもそも、アナタの目標は具体的に考えられていましたか?

・あとあと、自分自身で評価できる目標になっていましたか?

・よくよく、自分自身、やりきるぞ! と決意してましたか?

・そもそも、その目標は現実的な内容になっているのですか?

・そうそう、目標達成までの期限をしっかり切っていますか?

うん、少し遊んで書いてみましたが、そういう事です。

これらのいずれかがアナタの目標には抜けていたはずです。

まずは、この流れに沿って、アナタの目標を設定してみてくださいね。

「作業療法塾塾長」齋藤 信

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。