第219回 自分を追い込め!

自分を追い込め!



■今日のフィードバック

最近、自分やスタッフにお題を振って、その制限された中で物事を考える、ということをしてもらっています。

というのも、少し自己研鑽というか、自分達を追い込んでみようと思ったからです。

まぁ、他にも学生さんだけにお題を振ってばかりでは申し訳ないかな――とか思ったこともありますけどね。

さぁ、こんな自分を追い込むことで色々と期待している事ってものがあるのですが、この短い文面から何かに気づけたり、予測や発想なるもので、僕と同じ想いに到達できますか?

すこうし、考えてみてくださいね。

■重要なキーワード

ま、あまり深く考え込まずとも、自分を追い込むんだから、一皮むけよう! という想いがあることには気づきましたね。

では、もっと他には何があるかわかりますか?

うん。言ってみれば、「ピンチに慣れる」とか、「条件があるなかでもいい発想ができる」とかを鍛えることです。

これは――って言ったまんまだな。

字面通りで解説するまでもない気もしますが、行間は抜けていますからね。説明しましょう♪

「ピンチに慣れる」
そもそもここで言うピンチとは、突然お鉢が回ってきたり、思いがけない症例に出会った、自分が不安に思っている技術を要求された、好みとは違うことをしなければならない、などなど。沢山ありますね。
そのとき、「ゴメンナサイ」と言って引いてしまうわけにもいきませんからね。
条件をつけたお題を振ることで、引き出しを増やそうという目論見です。

「条件があるなかでもいい発想ができる」
条件とは制限です。あと三時間で完成させるとか、車椅子にトランスファーしたいがベッドサイドに車椅子が入らないとか、道具が足りない状況でどう評価する、あるいは合目的にどう治療するか、とかね。明日来る一日が今日と同じとは限らないですからね。
思いがけない制限をかけて自分の脳味噌をフル回転させることを意図的に作り出そうという目論見です。

■ノウハウをちょっと

まぁ、偉そうに色々言ってはおりますが、先日僕自身グダグダでした。

ちなみに、僕へのお題。

《条件》
二時間の集団レクリエーション。
テーマは「三分間電話の日」
準備時間三〇分。
新たに小道具を作成すること不可。
テーマに沿ったゲームを最低二つ準備する。

えぇ、もう、テーマが一番ネックでした。

経験でどうにかなるかとも思っていましたが、現場は生き物でした。
しかも、僕の発想も若干貧弱になってきていたのだな~と反省。

と、まぁ、こんな感じでアナタも自己研鑽のために縛りプレイ? をしてみては如何でしょう?

「作業療法塾塾長」齋藤 信

参考になったら、是非アンケートにも答えてくださいね。
メルマガの内容についてお伺いします!


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。