第229回 先回りすること

先回りすること



■今日のフィードバック

今日のお話は、先回りすること。

きっと、いつも先回りして仕事をしたいと思っているのではないでしょうか?

できるのものなら一歩先、二歩先を見て、自分で仕事を追いかけたいものです。

ですが、なかなかそうもいかないですよね。

特に実習中の学生さんは毎日の課題で追われていますからね。

学ぶ余裕を持ちたいところでしょう。

さてさて、どうしたら先回りしていくことができるのでしょうね。

■重要なキーワード

一つ簡単なことを言わせてもらえば、あらかじめ計画を立てて行動する、ということでしょうか。

当たり前といえば、当たり前。

でも、意外とそれが難しいんですよね。

だったら、さて、どう計画を立てていきましょう。

まぁ、アレです。

あまり難しく考えないでいきましょう。

たとえば、緊急性と重要度で優先順位を決める。

で、優先度の高いものからやっていく。

計画というともっと緻密なものを思い浮かべたかもしれませんか、そうでもないんですよ。

■ノウハウをちょっと

もう一つテクニックをお話すれば、一番大きなことを最初にやる、ってことですかね。

自分の現在のキャパシティがあるとすれば、先に小さなことを詰め込みすぎれば大きなことは出来ようはずがない。

でも、先に大きなことを詰めれば、その隙間でできる小さなことは行える。

そして、締め切りがあるならその日から逆算で考える。

そうしていくと、自然とやれることが増えていきますからね。

先回りもできるというものです。

まぁ、それでもできない事もあるんですけどね。

「作業療法塾塾長」齋藤 信


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。