第235回 どこに力を置くのか?

どこに力を置くのか?

■今日のフィードバック

毎日毎日、僕らは同じことの繰り返し。

そんななかで、少しずつ自分自身の得意なことや苦手なことが見えてきているのでしょうね。

さぁ、そこでアナタはどんな選択をするのでしょう?

・得意なことを伸ばしますか?
・苦手なことを補いますか?
・それとも、全く別な、新しい能力の開発をするのでしょうか?

アナタの選択は、いったいどれになるのでしょう?
選んでみてくださいね。

■重要なキーワード

ちなみに、僕はむかし、苦手なことを補おうとしていました。

おそらく、アナタもそれを選択したのではないですか?

だって――いつまでも拙いところをそのままにしておけないとか思ったのでしょうから。

それとも、バイザーや先輩、上司から「ここを直せ」と具体的に言われてしまいましたか?

過去の僕なら、同じことを言われてそうしたでしょうし、同じことを後輩や学生に伝えていたことでしょう。

ですが、それは非効率で成果が現れづらい者ではないかとも思い始めました。

というのも、確かに自分の能力に対しての現実検討をより具体的にして行く必要はあるでしょう。

ですが、それを苦手を改善する為に行うには多大な精神エネルギーが必要ですよね。

ネガティブな自分自身に触れるわけですから、時間もかかれば、モチベーションも下がります。

さて、では、どうしていこうか、と考えた時……

自然と苦手な部分まで目を向けられるようになればいいな、ということです。

自然と、ということは、誰かに言われてやるとかではなく、ネガティブな思いでやるのではなく、自分自身必要があってやる、と思ってやったほうがいいじゃないですか。

そう、だから、僕はアナタ自身の良いところを伸ばしましょう、と言うようになりました。

■ノウハウをちょっと

その結果どんなことを期待するのか、といえば――

まず、自分自身の強みを知ることが出来ます。自分自身だからこそ出来ること、他の人とは違うこと、様々なものが見えてくるでしょう。

そして、得意なことを伸ばせば――得意なことが頂上として苦手なことを裾野という山をイメージしてみてください。頂点をのばそうとすれば自然と裾野もあわせて底上げされるはずです。

そう、自分の好きなことをやって強みが強化されて、弱みが補われるなら、こんないいことないじゃないですか。

こころ穏やかに、しかし熱い思いを冷ますことなく自分自身をちょっとだけ成長させることが出来るのではないかと、そんなことを思いました。

「作業療法塾塾長」齋藤 信


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。