第245回 ときにはうぬぼれも必要

ときにはうぬぼれも必要


■今日のフィードバック

自惚れ……断じて『じぼれ』ではないです。

うぬぼれ。

自分の能力を過信するとか、周囲からそんな技量はないと思われているのに知ったかぶりをしてみたり……。

まぁ、そんな意味ですよね。

でも、これが臨床実習中になると、さ~あ大変。

どんなにどんなにやってみても、ある意味ダメだしされてしまう……。

そんな心理に陥ってしまうことでしょう。

でも、だからこそ忘れてはいけない事なのかもしれません。

え? なんでかって?

それをすぐに訊いてしまう?

いえいえ、まずは少し自分で考えてみましょうよ。

■重要なキーワード

さて、何事かを考えてみましたか?

少しは何かを思っていてくれないと、コチラとしても話す甲斐がないってものです。

それはさておき、何故に自惚れることが必要なのでしょう?

あぁ、違った。ときには、必要なのでしょう?

うん、ただ単に自惚れているだけではダメなんですよね。

何故って、それでは自己評価できていないというだけですから。

先にあげたように、自分の能力を過信するとか、客観的な評価と主観的な評価のギャップって意味だけでこの言葉を使ってほしくないということですね。

僕らは作業療法士、または作業療法士のタマゴ。

療法士、セラピストなんですよ。

己を知る、なんて話はどのバイザーもしてくるでしょうし、学校の教官も言ってくる事でしょう。

何故、己を知らなければならないのか、は今回のテーマとは若干逸れますので、『自分を知らなければ人を相手にすることはできない』とだけ言っておくこととして――。

なので、自分を知ったそのうえで、ときには自惚れてみるのもいいでしょう。

そう、僕はいっているのです。

■ノウハウをちょっと

まだ、意味がワカラナイ?

だってそうでしょう?

なにも僕たちはダメダメ評価を繰り返していって、残った機能を活かすために治療をしているワケではないはずです。

その人の持っている現在の能力を最大限に活かすために援助するのが僕らのすべき事ですものね。

さあ、それらをふまえて、あなた自身に置き換えてみましょう!

客観的に自分を評価して、自分自身の現状把握が出来たら、そこに感情的な要素がどう含まれるのかを考えましょう。

そして、それらをポジティブなものとして、またネガティブなものとして五つずつ書き出してみてください。

どうです? 意外と出てこないものでしょう?

ですけど、ネガティブなぶぶんはあなた自身が生み出している不安なことであり、ポジティブな部分こそ期待や希望ではないでしょうか?

ネガティブにばかり考えていても物事進みません。

ときにはポジティブに、自分に惚れて、うぬぼれてやってみるのも必要なのではないでしょうか?

そう、あくまで『ときには』ね。

「作業療法塾塾長」齋藤 信


療法士.com スキルアップ!!キャンペーン実施中


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。