第251回 卵が先か鶏が先か

卵が先か鶏が先か

■今日のフィードバック
えぇ、卵が先か鶏が先かです。

相互関係のある複数の事象があり、ある片方が誕生するにはもう片方が既に無ければならない、という矛盾した状況を比喩的に表現したもの――という説明を見つけました。

まぁ、言葉だけをを見れば全くその通りの意味ですよね。

でも、これとよく似た言葉があったりするんです。

それが、目標が先か手段が先か。

「?」と思った方のためにもっとわかりやすくすると、

改善目標が先か治療プログラムが先か、みたいな。

さてさて、いったいどういう事なんでしょう?

■重要なキーワード
おそらく、学生さんや学生時代を思い浮かべると、心当たりがあるのではないでしょうか?

レクリエーションプログラム、突然振られた計画立案、レポートの作成、色々な場面が思い起こされますよね。

そう、ついつい手段が先に思いついてしまい、それに目的や目標を合わせようとしてしまう。

そんな拙い考え方に陥ってしまい、指摘された事があったことでしょう。

最初に話題に出した言葉は矛盾を表現するそれでしたが、この場面での意味は、本来順序通りに考えなければならない事であるのに、提供側が提供したい、やってみたいという個人的な考えのもとに手段を先に考えてしまい、目的や目標との整合性がつかなくなるの意、といったところです。

ね? 心当たりがあるでしょう?

これは患者さんへの治療提供に関わる部分よりも、自分の業務計画や、日常的なルーチンワークでもっと浮き彫りになることがあります。

個人的に閃いた手段をやってみたいが為に、よくよく相談や、目的・目標との整合性も確認せず行ってしまい、結果大きなミスや、時間のロスが発生してしまう、なんてことがあったはずです。

なので、目的・目標が先か手段が先かなのです。

■ノウハウをちょっと
手段の為には目的・目標を選ばないでは大問題な発言ですからね。

何かをするというときには、まずアイデアを沢山出すことは大切。

そして、沢山出したものの中から、一つ一つ評価して、もっとも目的や目標に合致している、有用なものを選択するべきなんですよね。

って、あれあれ?

この流れだと、手段が先に思いついているって事にもなってしまうなぁ。

ということは、うん、やっぱりこれも目的・目標が先か手段が先か、どっちとも言い切れない要素も含んでいるようですね。

ま、沢山の手段を知っているから選択できるんですけどね。

いずれにせよ、卵が先か鶏が先か、ひとつ悩んでみてくださいね。

「作業療法塾塾長」虎斗町@黒衣の作業療法士

作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】



療法士.com スキルアップ!!キャンペーン実施中


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。