第257回 天の導き

天の導き

■今日のフィードバック
さて、今回は久々に質問から入らせていただきます。

アナタは、真実どん詰まりに陥るほどに物事を考えた事はありますか?

うん、まぁ、アレです。

僕は時々思うことがあります。

今時の学生さんは、自らの力で何かをひねり出そうともがき切って、それでもうまくいかないという状況に陥った事はあるのだろうか?

と……。

以前も話題にだした気もしますが、今や情報が溢れかえっており、その情報の検索力が鍵を握る時代になってきました。

ですが、既存のものがある故に、パターン化されたものしか対応できない。

期待されている状況まで到達していないが、及第点だろうというところで妥協している。

そんな姿が見受けられます。

さて、アナタはどうですか?

そんな時、真実どん詰まりになるほど、物事を考えましたか?

■重要なキーワード
インドの諺にこんなものがあります。

「必要な段階に至った時、師は目の前に現れる」

これは僕の短い人生経験のなかでも、そういえば……と思うことがあります。

ですが、それは真実悩みに悩んでいたときがほとんどで、先に云ったような、妥協するような状況では、それはありませんでした。

うん、何を云いたいのかといえば、必要な段階に至っていない時に、新たな事を学んでも身につかない、ということです。

最近の学生さんによく見られるのが、模範解答をすぐに知りたがるということです。

どうです? 心当たりはありませんか?

模範解答に近づくための思考プロセスはそっちのけで、考える事を諦めてしまっているなんてこをしていやしませんか?

だから、いつまでたっても必要な段階に至れないし、バイザーが様々なことを話したとしても、現実が伴わないために、師が現れたことに気づけない。

そう、思えてきませんか?

ついでに言えば、そんな状況に陥っているのだから、考察も書けないし、実習でのフィードバックをストレスに感じるだけのものになってしまっているのではないでしょうか?

どうです? アナタは、真実どん詰まりになるまで考え抜いていないな、と思ってしまったのではないですか?

うぅ~むむむ。

少し、質問攻めにしてしまいました。

質問攻めにしてしまいましたが、僕は思うんですよ。

本当に、もったいないなぁ~と。

■ノウハウをちょっと
だってそうですよね。

自ら考えるという事を放棄してしまっては、アナタ自らが生み出す喜びや、達成感を得ることなく、上っ面なことを撫でていくだけの人になっていくだけですよ。

本当に、それでいいんですか?

では、こと実習へと焦点を絞ってお話すれば「作業療法への探究心」を評価されますよね?

それが危ういと評価された日には、作業療法士になって大丈夫? と云われているのといっしょですよ。

上っ面なことではなく、真摯に物事を考えて、悩みぬいたとき、様々な思考の残骸がアナタのなかに蓄積されます。

それが、今は役に立たなくても、思いがけないところで新たな出会いを生むかもしれないのです。

本気で悩んでみてください。

そのとき、はじめてアナタのバイザーが自らに道を指し示す師となる瞬間となるのでしょうから。

「作業療法塾塾長」虎斗町@黒衣の作業療法士
作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】




にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。