第261回 日曜の朝、町を歩こう

日曜の朝、町を歩こう

■今日のフィードバック
アナタは、日曜日の朝は何をしていますか?

布団の中でぬくぬくとしている?

親に言われて無理矢理起きて御飯を食べたものの、ぼんやりとテレビをみていたり?

遊びに行く準備で逆に忙しかったり?

でも、日曜日の朝早くに町を歩いているというかたはなかなかいないのでは?

どうですか?

アナタは日曜日の朝、町を歩いてみたことはありますか?

■重要なキーワード
さて、今まで僕の話にお付き合いくださっているアナタならピンときたことかと思います。

日曜日の朝、町を歩くことそのものが話の根っこではないことにね。

では、ここでいう日曜日の朝とは何か?

そして、町を歩くということは何か?

すぐにネタバレしてしまうのではなんですから、今一度考えてみてください。

五分経過

はい、しっかり考えました?
この流れ、久しぶりですね。

ちと、原点回帰してみたり。

では――まず『日曜日の朝』ですが、これはアナタの『日常の行動』を示しています。
先に誘導してしまった通り、普通は寝てたいのが休日の朝です。
日常の行動、もっと広げれば固定観念ってことになります。

そして『町を歩く』ということは、日常と違う行動をしてみること――つまりは、『角度を変えてものを見る』ということです。

どうです?

ここまでは気づけていました?

それとも、その先の部分の方が先に思い浮かびましたか?

■ノウハウをちょっと
そう、まだ先があるんです。

『日常の行動を角度を変えて見てみる』

というその先。

つまり、いつも普通だと思っていたことや、常識だとおもっていたこと、そんなものの陰や裏側には、別な姿があるということです。

そしてその別な姿とは、新しいことを発見したり、思いついたりするきっかけであるということです。

さぁ、どうです?

本当は毎日新しい朝を迎えているんですよ。昨日と同じ日はありえないのですから、変わらない日常と思わず、いつもと違う事をちょっとだけしてみてはいかがでしょう?

出勤のルートを変えてみるとか、今まで選んだ事のないランチメニューに手を出してみるとか。

大きな事をいきなりしようとせずとも、ちょっとだけ違う事をしてみましょうよ。

新しい何かにきっと気付けるはずです。

きっと、ね。

「作業療法塾塾長」虎斗町@黒衣の作業療法士

作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】




にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。