第282回 今、大切にすべきことは?

今、大切にすべきことは?

■今日のフィードバック
アナタは、今、何を一番大切なことととらえていますか?

何かをしなければならない、といったようなことではありません。

行為ではなく、心。

気持ちの部分ともいえます。

真実、今、何を大切にしているんですか?

何故、こんなことを訊いているのかといえば、

心が動かなければ何事も成せない!

そんなことを思っているからです。

さぁ、しっかり考えてみてください。

■重要なキーワード
実のところ、今回の話題は学生さんの実習中の悩みから出てきたことでもあります。

・評価されることへの恐れ
・スタッフのちょっとした言葉で落ち込む
・正解がないことでの迷い
・自信のなさ
・踏み出すことを恐れる
・漠然としたものに恐怖する

まぁ、他にも沢山あるんでしょうけどね。

でも、それって、実習で必要なんですか?

まさか、それらがバイザー側から全て解決してもらえると思っていませんよね?

そもそも、実習地のバイザーはそこまで学生に譲歩しなければならないんでしょうか?

正直いって、それで療法士になっても、生き残れるのでしょうか?

いえいえ、そもそも療法士になりたくて、実習をしているんでしたよね。

だから実習を乗り越えたい。確かにわかりますよ。

でも、本当に療法士になりたいのであれば、実習で体験する全てのことが療法士になるための大切な学びであると転化できるはずです。

それは出された課題にしてもそう。

課題だと思ってやるから辛くなる。

辛いと思っているから、楽をしようとする。

でも、それで本当に療法士になれるのでしょうか?

■ノウハウをちょっと
確かに、資格を取得するために、養成校を規定の単位をとって卒業しなければならない。
そのためには、臨床実習は必須。

わかりますよ。

僕だって通ってきた道、アナタのバイザーだって通ってきた道です。

僕らが通ってきた道をそのままアナタに当てはめるのは必ずしも良くないこととは思います。

ですが、臨床実習では座学と違って、自ら学びを得ようとする姿勢が大切になります。
そしてそれは、バイザーがどんな指導法であったとしても、得られるはずです。

バイザーと合う合わない。

それもあるでしょう。

でも、ちょっとだけ考えてみましょうよ。

アナタが不安になったり、気持ちが落ち込んでいるってことが患者さんにどれだけの価値があるのでしょう?

まず、ないですよね?

ある意味アナタは患者さんに安心を提供する立場。

臨床の場にいれば、患者さんの前に立てばバイザーも学生も関係ないですよね。

だったら、ほかの事はどうにでもできる――そんな覚悟が必要なのではないでしょうか?

また、結局は覚悟の話になってしまいましたね。

そうは言っても、療法士になるという当面の目的を果たすために覚悟できないというなら、厳しい言い方かもしれませんが、療法士じゃなくてもいいんじゃないですか?

実習を乗り越えることが大切なことではないはずですから、ね。

「作業療法塾塾長」虎斗町@黒衣の作業療法士
■作業療法塾の宣言■

作業療法塾は継続募金活動を行います
作業療法塾のテキスト『作業療法学生の虎の巻』
その印税の全てを日本赤十字社に継続募金します。

第一版分は募金済みです。
再版される毎にその印税の全てを継続募金することをここに宣言します。

作業療法塾塾長 虎斗町こと齋藤信
作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】

IRA研究会
×
作業療法塾
 

  作業療法塾はIRAの理念に賛同し、生き残れる療法士の養成を行います。


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。