第294回 作業療法学生二年生に向けて

作業療法学生二年生に向けて

■今日のフィードバック
今回から二年生に必要なこと、です。

わかりますか……と聞いちゃいけないんですよね。

何だと思いますか?

実は毎回僕がアナタ投げかけているけど、お返事が返って来ないと云うこの事実が物語っています。

どうです?

何かピンとくることはありませんか?

■重要なキーワード
今回、僕が準備していた答え――正解と云うわけでもないのですが――それは、『正解主義からの脱出』です。

藤原和博先生と云う方が、今日の朝、TV寺子屋っぽい番組でしゃべっていたんですね。

正直、早めに醸成に入っていた方がイイかと思ったんですよね、この思考パターンからの脱出は。

と云うのも、臨床実習で求められるのは知識と事実に基づく自らの考えを相手が理解できるように伝える事が求められるからです。

時々考えを否定してくるバイザーや、そう思いたくなる話し方をするバイザーもいるかと思います。

ですが、基本的には人の考えには正解があるわけではないんです。

そこに存在するのは、事実や情勢の変化を見分けより良い選択をし続けられる柔軟な思考回路と僕は考えます。

ついつい正解を言えないから黙ってしまうという行動になってしまいがちですが、そうではありませんよね。

バイザーに依る……と言ってしまえばアナタは萎縮してしまうかもしれませんが、それでも思った事を言語化する、伝えてくると云う事をしてくださいね。

■ノウハウをちょっと
さて、今回も課題です。

今回のこのお話を聞いて、明日から実践するためのバカな発想を書き出してください。

いいですか?
兎に角、バカな発想を出すんです。
思考回路を制約しない訓練です。
是非、友人と一緒に考えて、書き出してみましょう!

「作業療法塾塾長」虎斗町@黒衣の作業療法士
■作業療法塾の宣言■

作業療法塾は継続募金活動を行います
作業療法塾のテキスト『作業療法学生の虎の巻』
その印税の全てを日本赤十字社に継続募金します。

第一版分は募金済みです。
再版される毎にその印税の全てを継続募金することをここに宣言します。

作業療法塾塾長 虎斗町こと齋藤信
作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】

IRA研究会
×
作業療法塾
 

  作業療法塾はIRAの理念に賛同し、生き残れる療法士の養成を行います。


にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

さぁ、現在ランキングは何位?
一位になったら豪華賞品を差し上げちゃいます!応援ヨロシク!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。