心のブレーキを解放しよう!

残念なことに、学生さんのほとんどは、
心にブレーキを踏んだ状態で実習にくる。

原因は「評価される」こと。

実習の結果次第で、
進級できないことだってある。

確かにその通りだし、
身近な先輩がそうやって苦労してきた情報ばかりが
耳に残る。

別な例だが、こんな体験はしたこと無いだろうか?

友達と話をしていると、
ついつい誰かの不幸話に花が咲く。

やれ、誰が誰と付き合って別れた。
やれ、ちょっとカッコイイ(可愛い)奴のヒドイ話。
やれ、芸能人の誰それが整形だ。
やれ、隣のオバサンが向かいのお宅の裏事情に詳しい。

ちまたの噂も、テレビも、雑誌も、
どこを見回しても、人は不幸話が好きなのではないかと
錯覚する程溢れている。

実は学生さんたちも、
自然とそんな不幸話をして
恐れを楽しみ、ストレスを回避しようとしている。

誰かを不幸にすることで、
自分自身を安心させようとしている。

だが、これはイケナイ。

何故って、誰かのものだったとしても、
ツライ話や不幸な話を繰り返し追体験しているのだから。

いつも言っているが、
脳そのものと潜在意識は善悪を判断しません。

記憶情報を潜在意識下に落とし込むには、
同じことを繰り返し行うことで実現します。

つまり、不幸話をして自分を安心させようとする行為は、
4Vの電流でもって
脳に不幸の追体験という記憶情報を焼き付け、
潜在的にその情報通りに行動する意識を
創り出してしまうんです。

さあ、では僕らバイザーは何をスーパーバイズすべきか?

今、目の前にいる学生さんには、成功体験を重ねさせる。

これに尽きる。

目の前の学生さんが臨床実習を楽しい体験としてくれれば、
後から来る学生さんにも「楽しい」が伝播する。

地道な努力かもしれない。
すぐには功を奏さないかもしれない。

でも、それでも、
これから臨床にでてくる若い芽には、
魅力に満ち満ちた、現場を伝えていくことをしたい。

それが、トリガーとなり、
ひいてはあなたの職場に
あらたな仲間を引き寄せる
アンカーになるかもしれないのだから。

臨床共育メンター(TM)齋藤 信

作業療法塾 主宰
IAIR 副会長

☆★ 脳科学×作業療法 Eラーニングコース開講 ★☆

%ef%bc%91%e6%97%a5%e9%80%9f%e7%bf%92

* 脳科学を患者さんのリハビリや学生指導にすぐ活用したい方向け *

>>> 1日速習講座に申し込む <<<

 

%e5%a1%be%e9%95%b7%e9%a4%8a%e6%88%90 

* 塾長となり、悩める若手OTに指導や援助を行いたい方向け *

>>> 塾長養成講座に申し込む <<<

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。