【特報】脳科学を作業療法に加える方法!

こんにちは。齋藤 信です。


実は本年5月に開催した
「塾長養成講座 脳科学×作業療法講座」
を受講したかった、地方開催はないのか?

というお問い合わせを多数いただきました。

そこで、以前より作成を進めていた
作業療法塾塾生向けの情報共有サイトを活用し、
Eラーニングコースを作成しました。

5月時点で開催した内容で作成していますが、
最新情報や新たな内容を更新し続けていく予定です。

Eラーニングという慣れないところもあるかと思いますが、
交通費や移動にかかる時間を考えると地方の方には
お得な内容になっております。

ただし、5月に行った内容は、
学んで終わりのないようではなく、
学びながら実践と仲間と共有することで
情報の価値が上がっていく内容です。

受講して終わり、という方には向きませんので、
ともに切磋琢磨できる方にお勧めいたします。


詳細はこちら
>>> https://1lejend.com/c/nWsr/4RJG/lIaiH/


沢山の仲間とともに、
最新脳科学を活用した作業療法の構築を
共有していきましょう!

すべては、患者さんのために!


IMG_1499
作業療法塾 主催 齋藤 信


P.S.
少しずつですが、齋藤のノウハウを伝授する場が
整いつつあります。
今後の展開もお楽しみに!




【医療業界の教育をCHANGEする】

患者も、療法士も、医療に関わる全ての人が
自分の医療を選択できる世の中にする。

医療は誰かに与えてもらうものではない。

医療に関わる一人一人が最適な医療を選ぶことができる
世界をともにつくろう。

今。私たちは大きな過渡期を迎えている。

分岐点とも言えるこの時、私が提案する道は、
医療人の心の共育。

共に人としての心を育める学びが医療にはある。

一緒の道を歩みたい方、これからもよろしくお願いいたします。

齋藤 信

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。