━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 どM貴公子齋藤信の 【OTサバイバー】 

〜淘汰される作業療法士、貴方は生き残れますか?〜 

      http://otjyuku.net/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



★「自分の時間が増える!自己管理術1日マスター講座」 

★【残り1ヶ月!】このセミナーの凄さを一人でも多くの人に知ってほしい! 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 





★∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

番目の言葉『アナタはシーラカンスになりたいですか?』 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞★ 





みなさん、こんにちは。 



最近の厚生労働省の情報伝達が年明けになる事がほとんどで、 



おちおちゆっくりと年賀を過ごせないですね。 





今年もやっぱり年明けにそういった話題が出てくるのでしょう。 





さて、今日の話題は古代魚のお話。 





幻の魚、シーラカンス。 





以前は、といっても僕が小学生の頃ですが、 





不思議辞典系の読み物で極・極々稀に発見される深海魚。 



『幻の魚』 



として紹介されていました。 





その記事を読んで、僕は空想の大海に船を漕ぎ出したものです。 





ですが、時が変わり、今の時代は『迅速・確実』な情報がモノ言う時代。 





シーラカンスですら、その生息域や生態が白日に曝されています。 





さて、ここで『魚』と『シーラカンス』を 





『療法士』 





に置き換えてみましょう。 





例文) 

不思議辞典系の読み物で極・極々稀に発見される深海魚。 

『幻の魚』 





変換) 

業界の片隅にいるのは知られており、極稀に病院内で 

すれ違う療法士。 

『幻の職種、療法士』 





さて、これは脅しではありません。 





現実と思った方がいいでしょう。 





これからの時代、病院内でセラピーを行っている限り、 

外の世界で基準となっているサービスの質を知らずに 

サービス業をすることになります。 





医療だから違う、治療行為だから違う、 

などという甘い考えから抜け出すんです。 





あくまで医療と治療というなら、結果が全て。 



今の患者さんは、早く明らかな違いのある結果を望みます。 



ハイカラなじい様はスマホは標準。iPadすら操ります。 



今の患者さんは、病気について僕ら以上に情報が早いです。 





そう、もしかしなくても、既に療法士はシーラカンスなのかもしれませんよ。 





                作業療法塾 塾長 虎斗町こと齋藤信 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



◆取り残され、リストラ対象(病棟夜勤助手扱い)とされてしまう将来を選択したいですか? 

 それが嫌なら、選ばれるためのスキルを手に入れてください! 

 この先の生き残り方を教えます! 





【精神科作業療法士限定セミナー】 

11月23日(祝日) 

「精神科作業療法士が身体領域でも確実に結果が出せる治療アプローチ」 

http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11290184400.html 



【マネジメントセミナー】 

11月25日(日) 

「自分の時間が増える!自己管理術1日マスター講座」 

http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11265898958.html 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



【作業療法塾の活動】 



 作業療法塾は、学生さんから新人の方に、 

療法士として、よりよい生き方を提案する塾です。 



 作業療法塾の理念は、 



「百の理論より一の実践」 

「後行程はお客様」 

「エンプロイヤビリティーを高める」 



 の三つから成り立っています。 



 職域はセラピスト一人一人の行動で広げていけます。 

 昨今の激変する医療業界において、どんな状況であっても生き残り、 

より多くの治療を待っている方にセラピーを提供するための、 

セラピストの生き方を提案します。 



 活動は、教材の販売やセミナー活動を中心としています。 



 活動に賛同していただける方は是非ホームページもあわせて 

ご覧ください。 





【詳細はこちら】 

http://otjyuku.net/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

発行:作業療法塾 

info@otjyuku.net 

http://otjyuku.net/ 



配信解除はこちら 

http://www.mag2.com/m/0000178091.html

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。