等価交換

等価交換
マンガやパチンコで使われ、有名? になった言葉ですね。
ですが、真実を突いた言葉であることは間違いありませんよね。
何かを成す為には、何かを犠牲にする。
僕のここ最近での等価交換は、ダイエット効果と小遣いアップを狙って、自転車通勤をしていた事です。
ですが、そのために支払った代償は、毎日行っていた電車通勤中の日記更新と、朝の時間でした。
費用対効果という言葉がありますが、さて、その通り成果が出たのかといえば、消費ばかりが大きかったという結果で、ダイエット効果もお小遣いアップも見込めませんでした。
無形効果として、朝早く起きて、45分の道のりを自転車で疾走する爽快感と、適度な運動がその日の身体の調子を良くしていたという二つがありますね。
う~ん……
今後の対策はどうしようかな~
プランを全て変更してしまうと、変更しての効果判定が難しくなるしな~
かといって、原因と対策がうまくマッチンクしていないまま続けるのも不毛だし。
まぁ、なんにせよ根本原因を追究しなきゃ、等価交換どころか、支出ばかりだね。
ん~、まぁ、支出そのものも何かと交換した結果なんだけどね。

にほんブログ村 資格ブログへ
ランキングに参加中です!

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。