作業療法と統合医療の共通項

実は先日、川嶋先生が大会長を務めた日本催眠学会の懇親会にてツーショットをいただきました。

もちろん「催眠と科学」を研究している医師が意見を交わす非常に面白い学会でした。
ぜひ、作業療法のコミュニケーションメソッドに脳科学的な催眠プロセスなどを組み込みたいな〜と思ってしまいました。

おっと、そんな事より、その学会の冒頭挨拶講義にて川嶋先生がこんなことをおっしゃってました。

 

「統合医療とは死ぬ時の後悔を最小限にする医療です」

た、確かに!!!
川嶋先生の著書でも、こう定義されています。

「統合医療とは、個人の年齢や性別、性格、生活環境さらに個人が人生をどう歩み、どう死んでいくのかまで考え、西洋医学、相補(補完)・代替医療を問わず、あらゆる療法からその個人に合ったものを見つけ、提供する医療」(自然医療/p12より引用)

ん?
あれ?どこかできいたような……
と思ってみれば、

山根先生のおっしゃっている作業療法……ひとと生活のお話と沢山の共通項が!!!

これは、やはりお二人の話を現場で直に聴いてみなきゃですね!

ひとの人生をより良い選択ができるよう支援するのが、統合リハビリテーション。
なんだか、ワクワクしてきました!!

主催 齋藤 信

追伸
懇親会の席での一枚なので、お酒に弱い僕の顔色は気にしないでください(泣)

 

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
第二回国際統合リハビリテーション学術大会
リハビリテーションにおける統合医療の実践
すぐに申し込む
http://iairjapan.jp/congress2016/gakkai2016-pre-subscribe/
  
第2回IAIR学術大会2016in浅草橋
http://iairjapan.jp/congress2016/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。