臨床実習18日目

早いもので、もう既に三週目も終わります。
個々人によって実習の進行具合に差ができていることでしょう。
慣れてきたことで求められてくることが増え、そのプレッシャーと焦りが混在した、いまだかつてない心理状態に陥ってはいませんか?
まぁ、大丈夫ならそれでいいんですけどね。
さて、次は四週目。
当然、中間評価される時期でもありますし、中間自己評価は整理し始めていますよね。
何度も言ってますが、他律的思考ではダメです。
自律してください。
確かに他人の言いなりになっていることは楽です。
でも、アナタは作業療法士になりたいんですよね。
作業療法をするってことは、自ら考えて行動するということです。
何かをしてもらうことを待っていてはダメなんですよ。
何かをしてあげるのがアナタなんですから。
学生のうちにその思考を培いましょうね。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。