臨床実習20日目

体調不良者続出ですね。
アナタは大丈夫ですか?
四週目だと、丁度体力、精神力、ともに疲労のピークかと思います。
気を付けていても、いつもなら大丈夫なはずの状況で風邪をひくなんてこともありえますよ。
ゆっくり休めと言うのも難しい状況ですよね。
うん、逆転の発想をしてみましょうか。
体力と精神力の限界を知るのも良いかもしれませんよ。
体力や精神力が枯渇した状況でどれだけ頑張れるのか?
その状況にあるとき、どういう行動パターンに陥るのか?
安定して対象者様に接することができるのか?
どうですか?
できそうですか?
僕の個人的な感覚での話を付け加えさせてもらえるなら、最近の学生さんは全力を出さないですよね。
いつも斜に構えるというか、クールというか。
自分は自分という感覚が強すぎやしませんか?
全力を出しているつもりになっていて、勝手に自分で自分の限界を決めていやしませんか?
少しでも引っかかるところがあったなら限界に挑戦してみては如何?

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。