臨床実習22日目

実習も中間点。
そろそろ行事にも参加させてもらってるのではないでしょうか。
行事……
思えば不思議なものですよね。
花見、端午の節句、紫陽花見学、七夕、盆踊り、海水浴、川遊び、スポーツ大会、遠足、文化祭、クリスマス会、忘年会に新年会。初詣に節分。ひな祭り。
たくさんあって、沢山やっている。
一般家庭では普通にあることなのに、病院や施設では大々的に行う。
何故でしょうね。
何故、作業療法で行ったり、レクリエーションとして行うのでしょう?
行事に参加するにあたって、その事をアナタは考えてみましたか?
少し話を変えて、行事運営について……
行事を特別なものと考えている方が多いですが、実際はそうでもないと考えます。
なぜなら、行事は通常プログラムの延長線上に存在すると考えているからです。
だってそうですよね。
通常プログラムの中で日常的に行っていないことを突然やれと言われてできますか?
まず無理です。
できないですよね。
集中の度合いが違っていたとしても、同じ事。
常に配慮ができているかどうかです。
僕自身、配慮についてはまだまだですけどね。
さぁて、今日も一日頑張りますか。
先々につなげるためにね♪

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。