臨床実習26日目

学生さん、新たに一名来る。
オリエンテーションは僕の役目なのだが、少し話をまとめきれずにいたと思う。
今度来た学生さんは初日であるが反応も良く、疑問に対しての質問もしてきた。
良い意味で緊張していない。
適度な緊張感が保てているということであろう。
ちなみに、僕がオリエンテーションで話す内容は……
鍵の重要性。鍵を落とした時点で実習中止。国家試験に実技試験がないのは何故か? サービス業としての医療。作業療法士だからといって、作業療法だけを勉強していればいいわけではないこと。TQM、QC、N7、6Σ、顧客満足と職員満足。三現主義。後工程はお客様。100の理論より1の実践。ケースレポートについて。他部門情報の情報収集禁止。ご縁あっての関わり。自分と置き換えること。逆の立場でであうことだってあったかもしれない。
まぁ、こんな感じですね。
もっとあるけど……

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。