臨床実習34日目

気持ちの持ちよう
一週間前、集団フィードバックをしました。
大反省大会だったわけですが、今日はその成果報告をしてもらいました。
でも、正直あまり成果を期待しているわけではありませんでした。
とりあえず、今回は一週間何かを思い、行動をおこしたという事実が大切であって、その結果から新たに思うことを出してもらいたかったからです。
成果は二の次でした。
でも、学生さんは僕らが考える以上に色々なことを思い、心が挫けそうにもなっていました。
僕らは厳しいことを言います。
でも、それは僕らがしてきた失敗を繰り返してほしくないから。
即戦力になる行動と、根拠を持って仕事ができる姿勢を持ってほしいから。
一緒に仕事をしたいと思える人材を育成したいからです。
思い、行動する。
頭で考えるだけではなく、実行すること。
何のために、今、ここにいるのか……
自分の気持ちは再確認できましたか?

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。