臨床実習43日目

10回中9回失敗するの心
うん、まぁ、何度も話しているような気がするけどね。
この10回中9回失敗するというのは、二つの捉え方がありますね。
10回挑戦すれば9回失敗する
と、
10回挑戦すれば1回は間違いなく成功する
です。
以前から僕が提案する事としては、失敗を恐れない、失敗の中から得られる事は、一回で成功することよりも遙かに価値がある、ということです。
それが実習に来ている学生さんならなおさら。
全く未知の体験をしにきているのに、失敗をせず、うまく実習を乗り切ろうという根性があるなら、今のウチに改めましょうね。
未知の体験なんだから、失敗して当たり前。
そりゃぁ、いやな気持ちにはなるでしょうが、そのぶん学びが大きいはずです。
失敗したことにクヨクヨして先に進めなくなるって人もいるでしょうが、気にしたってしょうがないんです。
人間は失敗するよう生まれついているのですから、その失敗から如何に学び、対処していくか、その対応にこと価値があるんです。
まぁ、考えてみてくださいよ。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。