臨床実習45日目

失敗しよう、そうしよう
アナタは失敗している量が絶対足りない!
完璧主義?
言い換えれば、失敗しないやり方を続けてきているってことですよね。
悪いことではありませんが、失敗することを回避するというのは、根拠になりません。
そりゃぁ、失敗しないに越したことはないのですが、そのためにやるべき事や、体験できたことができなくなるのはナンセンス。
アナタは実習に何をしに来ているのですか?
勉強?
体験?
だったら、失敗体験もたくさんしましょうよ。
怖がっていても始まりません。
よく、学生さんが「○○がうまくできないんです。どうしたらうまくできるようになりますか?」と質問をしてきます。
まぁ、返す答えは決まってますけどね。
「失敗の回数が少ない」
安易にノウハウを聞こうとするその根性が嫌です。
あ、でも、感情で仕事をするのもナンセンスですし、一応、うまくできない理由を具体化する作業をしてもらいますけどね。
何にしても、「もう失敗できない」なんてことはないんです。
命を取られるわけではないんですから、ね。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。