臨床実習47日目

雑学大王
またまた話のネタに困った話です。
僕自身もそうなのですが、興味のもてない話はなかなか頭に入らないし、ピンとこない。
話を聞いていてもどんなものかイメージしている間にどんどん話が進んでしまい、ついていけなくなる。
で、意見を求められても的外れな返事になったり、反応が遅くて相手をイラッとさせてしまう。
困ったもんです。
まぁ、そんな時のテクニックは【言葉講座】で話してますので、其方を参照です。
今回は言葉講座とはすこし違う視点での話題です。
注目するポイントは、【知らない】ということ。
僕自身もよく言われることなのでしっかりしなきゃと思う部分なのですが、知らないことがあるなら、知る努力をしようということです。
はい、雑学でも何でも、知らないことがあったら、調べてみる。
ここから会話のネタが見つかるでしょう。
何にしてもまずやってみることから。
僕も初めてみます。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。