臨床実習51日目

ヒトノキモチ
人の気持ちというか、自分の気持ちのコントロールがもの凄く難しいと感じていませんか?
実際問題として、やらなきゃいけないことをしない、言われて直さなきゃいけない事を直さない、わかっちゃいるけどやめられない、こんな事がありますよね。
でも、それ以外にもあるんですよね。
言わば、それらは自分でわかっていること。でも、それ以外とは、自分で気付いていない気持ちの反映した行動のことを言います。
色々と振り返れば、気付はしますが、後で後悔する類で、しかもなかなか周囲に対して根付いてしまった不信感は拭いきれるものではなくなっているのです。
例を出せば、他の人の悪い部分にばかり目が行ってしまい、指摘せずにはいられなくなったりと、自分ができていることは相手もできて当然と思ってしまうような思考回路に陥ってしまうことがあります。
また、ものすごくモチベーションが下がってしまい、自分のモチベーションをより高い位置にキープすることの辛さで潰れそうになることもあるでしょう。
まぁ、なかなか難しいですよね、そういう気持ちの時って……
落ち込んでいて、今の自分に自信が持てなくなっていくんですから。
でも、まぁ、少しだけ考えてみてくださいよ。
今の自分はそうかもしれませんが、一年前や、もっと前の自分と比較をしてみてください。
以外と、色々できるようになっているアナタ自身に気づけませんか?
キモチのコントロールは難しいと思います。
でも、ちょっとだけ視点を変えてみれば、今よりもちょっとだけ自分に自信が持てるかもしれませんよ。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。