臨床実習55日目

学生さんと食事会
まぁ、良くある光景ですよね。
いつもあまり話さない学生さんも、この場ではプライベートな顔を覗かせます。
それはバイザーも同じで、普段ならあまり話さないような失敗談などもいつの間にか話してしまっている。
食い物の力ですかねぇ~
何にしても、お互いにいつも見せない顔を見せているので、フィードバックだけでは知り得ない事に気付ける時間でもあるのかな~と思っています。
今回は虎斗町組の七人を連れて行ったので、次回は別なチームの学生さんとお話をしてみたいですね。
今回は廻る寿司だったから、次回はピザの食べ放題?
酒の席は無いけれど、お互いの意外な一面をさらけ出してみるのも面白いんでしょうね~
って、今回は本当に日記だなぁ~

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。