臨床実習82日目

空気のような存在たれ!
よく、バイザーが学生さんに言う台詞ですね。
僕も言われた気がします。
最近は空気読む前に日本語読め! とか言いたくなりますが。
まぁ、それはいいとして……
空気のような存在って、どんな存在でしょうね。
僕のうけもった学生さんに、かつて言葉をそのままに捉えたというか、意味をはき違えたというか……
まぁ、とにかく空気と同化して、患者さん達の中に埋もれてしまったというか、患者さんになってしまっていたというか……
ある意味凄いこと。でも、学生さんらしいオーラが見えなくなっているのは、流石にどうかと思いました。
空気のような存在。
そこに在って当たり前、でもその事を意識させない存在。
必要なときに必要なだけ供給されるモノ。
僕は、そう解釈しました。
アナタはどう解釈しますか?

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。